子どものこんな症状は、起立性調節障害
小児起立性調節障害の全人的治療
起立性調節障害相談室(Q&Aコーナー)
低血圧サイト

企画・監修:田中 英高
(大阪医科大学小児科准教授)
企画協力:松島 礼子
(済生会吹田病院小児科)

起立性調節障害 最近のトピックス


起立性調節障害についてのテレビ放送のお知らせ


NHK「福祉ネットワーク」という番組で、起立性調節障害が取り上げられます。
これまで、起立性調節障害という病気について正しい知識をもっている人が少ないため、患者さんやご家族は病気以外にも世間の誤解とも闘ってきました。このような番組をきっかけに起立性調節障害という病気が正しく理解されることを願っています。当サイトの監修の田中英高先生もご出演されています。

【NHK教育テレビ(全国ネット)】
福祉ネットワーク
「“なまけもの”と呼ばないで〜子どもを襲う起立性調節障害〜」
【放送日】
2011年5月25日(水) 夜 8:00〜8:29(29分間)
2011年6月1日(水)昼0:00〜0:29(再放送)
【番組内容】
思春期の子どもの10人に1人が発症するといわれる「起立性調節障害」という朝起きられなくなる病気。
詳しい原因はわかっていませんが、成長期に自律神経のバランスを崩すことで発症し、重症の場合は学校生活を送ることが困難になる病気です。
しかし、これまで病気が知られてこなかったため「朝起きられない」=「なまけもの」だと捉えられることが多く、その誤解が家族や子どもたちを苦しめてきました。
番組では病気の現状やメカニズムをご紹介するとともに、学校などで子どもをどうサポートしていけばよいか、ある学校の取り組みなどもご紹介する予定です。
ぜひ皆様のお仲間にもご周知いただき、ご覧いただければ幸いです。


トピックストップへ